アフィリエイト収入は配当所得?分離課税?事業所得?株式やFXと同じ?

ネット関連のビジネスは以前と比べて多様になりました。その関係で副業も盛んになっていますね。

多くの方が個人事業主として活動されているのも現実です。

無申告の人も増加傾向にあるようですが、これは論外として。。。http://www.arrow-corporation.net/wp-admin/post.php?post=8&action=edit#

インターネットを利用した通販、アフィリエイト、FX取引、株式取引、アドセンス収入等、そのビジネス形態は多種多様です。

ネット通販に関しては皆さん個人事業主の事業所得として申告するのは自然な流れだと思っておられるのですが、アフィリエイトについてはどういった所得になるのか?という質問もよく受けます。

★アフィリエイトは単なる副業なので総合課税の雑所得でいいのか?

★アフィリエイトは配当所得になるのではないか?

★アフィリエイトはFXと同じく申告分離課税の雑所得なのではないか?

いろんな形で疑問を持たれているようです。

 

結論からいくと、アフィリエイトも年間で20万円を超えるような場合は立派な事業所得です。

ネット通販をやっててアドセンスをやっててアフィリエイトをやってて、、、という方は全部事業所得です。

一般企業でいうところも3つの事業部門があるようなものですね。

 

事業所得と認識した上で、次のステップは法人化すべきかどうかの論点になります。

 

ネット通販はともかく、アフィリエイトやアドセンスは非常に利益率が高いビジネスです、なので売上が1000万円を越えてくるようだと、法人化による節税メリットの可能性も出てきます。

 

これも検討していく必要があるかと思います。

 

 

 

 

 

 

 

整骨院の大阪税理士事務所

 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ